快適な暮らし, 新着情報

自宅のお手入れ ~キッチン編~

皆様、こんにちは!

今年の冬は天気が荒れ荒れ。。

晴れの日は最近めっぽうない新潟です。

新潟の天気はただでさえ曇りとか雨とか雪とかが多く、天気がいい日なんて年間を通しても少ないのに、、、、

今年は大雪だし、早く冬の準備をしなきゃですよね💦

 

さて、今回はキッチンのお手入れについてお話していきます♪

実は、私の趣味は料理なんです♪

沢山友人を呼んで、ランチ会とか季節行事物をするくらいに料理を振る舞うことが好きなんです!

そんな私はキッチンとお友達。そんなキッチンにはいつもきれいで清潔にいてほしいのです。

また、キッチンは、家族全員が毎日使う場所です。うっかりすると、すぐに汚れてしまいます。簡単にできる掃除、お手入れ方法がたくさんありますが、我が家は基本的に私がすべてお掃除して綺麗な状態を保っております♪

 

キッチンのお手入れポイント

①毎日のお掃除をコツコツやるのが良い!

キッチン回りをきれいに保つためには、炊事のたびに拭き掃除などを行うことが大切です。それでも、避けられない換気扇などの油汚れなどは、1週間に一度の目安で汚れがひどくなる前にシートを取り換える等をして、きれいに保つと良いと思います。

②部位・器具・素材ごとのお掃除方法を知る!

キッチンの汚れは、油汚れが中心ですが、器具や素材に合わせて、洗剤、道具を上手に選択することがポイントです。さらに、私は重曹などを使用した簡単お掃除をよくやっているので、皆さんもぜひ試してみしょう!

 

各セクションのお手入れ方法

①流し台まわりのお手入れ

その日の汚れは、その日のうちに落とすことが基本です。汚れはキッチン用洗剤で落とし、使用後は必ず水気を拭き取りましょう。週1回を目安に、キッチンカウンターやシンクをキッチン用洗剤で拭きましょう。

日常のお手入れ

・排水トラップ

排水トラップは、生ゴミなどが排水管に入らないよう、また悪臭が上がってこないような仕組みになっていますが、油脂類、野菜クズなどは、つまりの原因になるので流さないように注意しましょう。
定期的にパイプ用洗剤で排水管を掃除すると、脂肪分を落とすのに効果があります。排水管口のカゴは、2~3日ごとに洗いましょう。また、その際にハイターを使って、除菌をするのも忘れずに。そのような日々の積み重ねが長持ちさせるコツにもなります♪

②コンロまわりのお手入れ

ガスコンロを使った後は、その都度お湯拭きをしましょう。こびりついた汚れは、キッチン用洗剤を直接ふりかけ、しばらくおいてからこすり落としましょう。電磁調理器は、ガスコンロに比べ楽に掃除できますが、コンロまわりの汚れなどは、固まらないうちに拭き取るのが原則です。
ガラストッププレートの天板の汚れを落すときには、台所にあるラップが使えます。ラップ数センチを手でぐしゃっと丸め、そこに洗剤を垂らし天板をこすると汚れがとれます。仕上げはやわらかい布で拭いてください。

日常のお手入れ

・ガスコンロ

台からはずして、クレンザーなどで磨きましょう。
ガスレンジの受け皿は、シンクにキッチン用洗剤を入れたお湯を張り、つけ置き洗いすると効果的です。

・電磁調理器(IHクッキングヒーター)

汚れを放置すると調理のたびに高温で汚れが焼きつき、焦げつき汚れになります。一般的に電磁調理器の表面はフッ素コーティングされているので、クリームクレンザーや固いスポンジでこするとコーティングがはげてしまうおそれがあります。コーティングがはげると火傷や火災の可能性も高くなり、性能的にも低下してしまいます。炊事のたびに表面の汚れを拭き取る習慣をつけましょう。

・コンロまわりの壁など

コンロまわりの壁、窓台、戸棚などは、油はねなどが付着しやすい箇所です。時間がたつにつれて汚れは落ちにくくなります。毎日使用後に軽く水拭きなどをして、付着した汚れはすぐに落としましょう。

 

③キッチンの壁・天井のお手入れ

炊事による水蒸気、油や煙などにより、最も汚れやすい部位です。壁は、一般的にタイル貼り(または、キッチンパネル)が多いので、天井に比べて掃除は比較的簡単です。炊事の際は換気をよくし、水蒸気や煙を放出するように心がけましょう。

 

日常のお手入れ

・壁

タイル貼りやキッチンパネルの場合、1週間ごとにキッチン用、中性洗剤を薄めたもので汚れを落とし、その後水拭きをしましょう。もしなかなか取れない場合は、薄めたキッチン用洗剤をスプレーしたティッシュペーパーを少しの時間貼り付けておき、汚れを溶かし出して、その後ティッシュをはがして汚れをきれいにふき取り、仕上げにきれいな雑巾で洗剤分を拭き取ります。これでも、まだ汚れが目地に残っている場合は、キッチン用洗剤や強力洗剤(クレンザーなど)を下から上へ拭き掛け、5分ほどおいてから、きれいな歯ブラシなどでこすり、仕上げにきれいな雑巾で洗剤分を拭き取ります。

・レンジフード

外側の油汚れなどは、気づいた時に水もしくは住宅用洗剤で湿らした布で拭き取ります。さらに、半年に1度、あるいは年に1度はフィルターを取り外して、中性洗剤をいれたぬるま湯に30~40分間つけ置き洗いをします。アルカリ性、弱アルカリ性の洗剤は塗装面をいためる恐れがありますので使用しないでください。
残った汚れはスポンジ、ナイロンたわし、歯ブラシなどでフィルターの目にそってお湯で汚れを洗い流し、水分がなくなるまで拭き取って乾燥させます(金属たわしなどの硬いものは不可)。フィルターやすき間の汚れは、棒に布を巻きつけたものを使うと便利です。

・換気扇

月1回を目安に掃除しましょう。その際はプラグを抜く、または分電盤のブレーカーを切るなどして作動しないことを確認し、羽根などで怪我しないように厚手のゴム手袋を着用しましょう。
軽い汚れは、市販のキッチン用洗剤を用います。直接吹きかけるものや、つけ置きするものなど、それぞれの取扱説明書に従って作業してください。塗装がはがれるおそれがあるので金属製のたわしは使用せずに、樹脂製のたわしを使用してください。
きれいになったら、仕上げに洗濯用柔軟剤やリンスなどを薄く塗ると、汚れ防止になり、次回の掃除が楽になります。また、汚さないようにフィルターをかけるなどの工夫も汚れ防止に効果的です。

 

以上がキッチン周りのお手入れのポイントになります。

キッチンはすべての家庭で毎日使う場所になりますから、小まめに掃除をしていかないとあっという間に大変汚れてしまいます💦
その積み重ねがこびりついて頑固な汚れになることもしばしばあります。。。

ですので、キッチンはなるべく余計なものを置かず、お手入れのしやすい状況を作り出すことが大切です!

綺麗なキッチンで美味しいご飯を作るのは最高です♪

みなさまも、できるだけ小まめにお手入れしてあげてくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound