皆さん、こんにちは♪

昨日は、修理業者の探し方をポイントに分けてお伝えさせていただきました。

次に来る本日のテーマはこちらです!

屋根修理の際の修理業者の選び方!!

 

とにかく修理をする際には修理業者の選び方が一番重要なポイントです!

ここを外すわけにはいきません。

ただ、住宅を買う時と一緒で一生のうちに修理屋さんを呼ぶことってそんなに多くないですよね?

修理する場所や物によってもどの業者さんを呼べばいいかなんてわからないし、ましてやしっかり伝えられるだろうか…と色々不安になると思います。

そんな時には一つ一つ順番に確認していきましょう!

 

1、屋根の修理を頼むときの業者さんの種類

実は屋根の修理業者と一言で言っても、様々なタイプの業者さんがいます。

①大手リフォーム会社

皆さんもよくテレビのCMなどで見るハウスメーカーさんのリフォーム事業のことです。様々なところで、目にするため安心感はあるかもしれません。ただ、実際の工事は下請けに出すことがほとんどです。そのため手数料が上乗せされて余計な費用が掛かってしまい、修理額が高くなってしまうケースがほとんどです。また、何社か会社を挟むためスピードや要望にもあまり答えられないときもあります。

営業や施工は部署ごとに担当が分かれているため、コミュニケーション能力の高いスタッフがヒアリング等はしっかりやってくれると思います。

 

②地元のリフォーム会社

こちらは大手やハウスメーカーのように大規模な修理や家を建てたりはできないが、立ててあるものを修理したりすることは得意な会社です。この場合、大手とは違い直接のやりとりになりますので、手数料が発生することもなく、希望通りに進めることができます。価格帯も相談できるところも良さの一つだと思います。

 

③塗装業者

塗装業者と聞くと、ペンキで外壁や屋根を塗り替えるイメージですが、ペンキだけでなく新しいものと差し替えたり、一部分を修理してくれたりと部分的なこともしっかりやってくれる業者さんも多いです。こちらは地元密着でやっているところが多く、色々と融通がつくところや下請け業者を使わないため、余計な費用が乗らないという所もメリットだと思います。

 

④地元の工務店

地元に密着した工務店は家を建てるときだけでなく、リフォームや修繕も幅広い分野で頼りになります。さらに、地元ということで、色々と親身になってやってくれる方が多いのもいいところだと個人的には思います。細かいところでもすぐに対応してくれたり、幅広い技術や知識があるため、長く付き合っていくことができることも選ばれる理由になっていると思います。

 

このように、業者さんの形態も様々です。

やっぱり大手の方が安心だな~とか

しっかり要望を反映してくれるとことがいいな~とか

でも費用は高いしな~とか

それぞれ皆さんの基準によって選び方は様々だと思います。

 

その中でも私がおススメするのはやはり、

地域にしっかり根付いている塗装業者・リフォーム業者がいいと思います。

その良さというのは

 

①下請けに出さないので手数料が上乗せされない。

 

②ヒアリングをしっかりしてもらえれば、要望を反映してもらいやすい。

 

③地域のことをよく知っていて、実績に基づいた工事をしてもらえる。

 

④屋根だけでなく幅ひろい分野でお世話になれ、長期の付き合いができる。

 

という点です。

一つだけ、心配な点といえば、職人さんは口下手な方が多く、ぱっと見のイメージもちょっと強面?という所かなと思います。

 

でもぱっと見は怖そうでも、実は話してみるととってもいい人!お客様の為なら頑張っちゃう!っていう熱い想いをもって仕事をしている人が多いです!口下手でもそんな大将を気に入って何回も打ち合わせの時間を取りながら、やっていくうちになんでも言える仲になっていくこともしばしばあるといいます。

そこからさらにいい仕事ができ、いいものを納品できるとも言っておりました♪

 

2、必ず相見積もりを取ろう!!

そして次に前回から口をすっぱくして何回もお伝えしておりますが、どんなに良い業者さんだと思っても必ずお見積りを数社から取りましょう!

いくら初見で良さそうだな~と思っても1回目で依頼をすることはやめましょう!なぜなら現場確認もしないままどのくらいの費用が掛かるかもわからないままとりあえず頼むは危険すぎるからです。

もしかしたら、適正価格も知らずに高く費用を請求されるかもしれませんし、それだけではなくやっつけ仕事で修繕できてないということも悪徳業者ならやりかねないからです。

しっかりとした、相場や適性価格、修理の内容を確認するためにも複数の会社に現場確認や見積もりを依頼することによって、より良い修理ができると思います。

まず、お見積りを出してもらうために現調に来てもらうのが一般的です。

現調とは現地調査の略で工事の内容を決めるために必須の工程です。

現調を行わず話だけで、見積もりを出してくる業者さんはやめましょう!また、この現調は詳しく調べようと思ったら1時間では終わらないことも多々ありますので、よりここで親身になってしっかり調べてくれる業者さんが安心して依頼できる一つのポイントになってきます。

その他にも屋根の場合は下から見るだけでなく屋根の上に上って写真を撮りながら、説明の時も分かりやすく専門用語等を使わないで説明してくれる業者さんはとても親切です。

このように相手の立場に立ってやってくれるところに頼むと後々安心して工事を進めていけるので、この辺の対応の具合を一番最初に見ておくといいかもしれませんね。

このような形で現調を2~3社ほど行ってもらいそれぞれの業者さんから見積もりをもらい比較するのがいいと思います。

これ以上多くなってしまっても情報量が多くなりすぎて大変でしょうから、まずは3社程度でやってみましょう。

また、お見積りの内容を見ていると様々専門用語が書かれていることもあります。お見積りは比較することももちろん大切ですが、それ以上に大切なことがあります。それは、わからないことを質問することです。

大人になると、これかこういうものといったり、自己完結してすべての見積もりにある項目に対してはその項目は費用が掛かるものと勝手に決めつけてしまい内容もろくに理解していないままのことがあります。

しかし、わからないところはそのままにせずしっかりと内容を確認して理解することで、その工程や項目が本当に必要なものなのか?を知り判断することができます。

また、色々なことを聞くことによって業者さんがこのお客様には変なことはできないなとか、もっとわかりやすく材料の種類等の記載してあげると親切かなと業者側も親切に対応してくれることもしばしばあります。

何事も興味をもって、やってみるということが 大切ですので、まじめての修理はわからないことだらけだと思いますが、一つ一つ確認しながらやってみてください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound